• ホーム
  • クラミジアが若い子に蔓延している実態

クラミジアが若い子に蔓延している実態

2019年08月24日
患者の血圧を測定する医者

クラミジアは性感染症のひとつであり、日本で最も感染者数の多いものとして知られ、特に若い子の間で蔓延しています。
クラミジアの症状としては性器の違和感や、性行為の際や排尿時に痛みを感じる、また、女性の場合にはおりものの量が増えたといったものです。
クラミジアは原因菌の「クラミジア・トラコマチス」と呼ばれる細菌によって起こります。
クラミジアそのものは完治させることができる性病ですが、クラミジアに感染した状態はHIVなどのほかの性病の感染リスクを高める危険性があるもので適切に治療することが求められます。

クラミジアが若い子の間で急増し蔓延している背景には、症状がほとんど現れず感染に気づかない事がよくあるためです。
この無症状からクラミジアに対する警戒心がなく性行為によって感染させてしまう傾向にあります。
クラミジアの感染ルートは感染した体液の接触であり、空気感染はしません。
このため、感染ルートの殆どは性行為によるものです。
ただし濃厚な接触が行わなければ感染することは考えられませんが、間接的な接触でも感染するリスクはゼロではないことにも留意する必要があります。

ただ、それでも間接接触によってクラミジアに感染することは極めて稀で、その多くは性行為による体液の接触によって発生するものです。
このためディープキスなどでも感染する可能性があります。

クラミジアの感染を防ぐ方法としては第一にはコンドームを使用することです。
長時間の体液の接触が性感染症における感染のリスクを高めることになるためで特にコンドームは有用な方法です。
ただし口腔内にも存在する場合があり、オーラルセックスやディープキスも警戒が必要で、本来はそれらの場合にもコンドームを使用することが防ぐ上では大切になります。
また、不特定多数の人との性行為を慎むことが感染を広げない上でも重要です。
これはクラミジアが無症状の場合だと警戒心を持ちにくいため、そこから無警戒に不特定多数の人と性行為を行うことが急増に繋がるためです。

若い子がクラミジアに感染した場合の対処方法

若い子に限らずクラミジアに感染した可能性がある場合には、まずは性病検査を受けて感染の有無を調べる必要があります。
症状としては性器や下腹部の違和感や性行為時の痛み、女性の場合にはおろものが多いことなどです。
また、不特定多数の相手と性行為をしている場合には特に警戒する必要があります。

いずれにしても身体の異常やパートナーが異常を訴えている場合には自身も感染している可能性があり、検査を受けるのが無難です。
検査は病院や保健所で受けることができますが、郵送の性病検査キットでも検査が可能です。
もしも陽性反応が出た場合には治療を行う必要があります。
また、陽性でなくても症状が改善しない場合には再度検査を行うか別の病気を疑う必要があります。

治療は確立しており、クラミジアの治療にはジスロマックやクラビットが使われます。
いずれの場合にも治療期間は約1ヶ月です。
ジスロマックとクラビットともにクラミジア・トラコマチスなど細菌を殺菌する作用があるものです。
どちらも完治させることができますが、現代ではジスロマックの方が飲む回数が少ないため処方されるのが一般的です。

クラビットは1日1回500mg錠を飲み続ける必要があるのに対してジスロマックは1000mg錠は1週間に1回服用するだけで良いためです。
薬価で見た場合、クラビットの方が安いものの服用回数からトータルのコストはジスロマックの方が安くなります。
ジスロマックは病院で処方されるお薬ですが、通販でも購入することができます。
ネットでジスロマックを通販すると早いので、感染した時のために注文しておくとよいかもしれません。
基本的には1週間の服用後、経過を見て3週間ほど経って症状が再発しなければ治療完了です。
なお、ジスロマックは効果が強い分胃腸への負担があるため、胃腸の弱い場合や下痢といった副作用を避けるために有効成分を減らして複数回にわたって服用する方法も可能です。